2009年 09月 06日 ( 2 )

ケロロ軍曹ご一行様 ~後編~

~前回までのあらすじ~

慰安旅行で、熱海にやってきたケロロ軍曹ご一行。
一次会を終え、花火大会で大変な盛り上がりをみせてしまったが、
しかし・・・これはこれから起こる『事件』の
前触れでしかなかったのだった・・・


さてさてさて・・・

花火大会を終えたボクたちは、少し疲れながらも、
別の二次会 ── ボクらにとっては三次会 ── に向かうべく
ひとっ風呂浴び、戦闘体勢を整えて、会場に向かった・・・



・・・が。


甘かった・・・。
ボクは、ホントに甘かった・・・(;=_=)



まず、ボクの目の前に現れたのは・・・


柔道着を着た、
巨漢の男性スタッフ!



その手には・・・

何に使うのか分からない紐らしきモノが・・・

そして辺りは、たくさんの大人たちが酒やおつまみを囲みつつ、盛り上がっていた。


しかし、よく見ると・・・

酒やおつまみに紛れて、これまた
何に使うのか分からないモノが・・・あ、り ・・・


・・・もう、これ以上・・・何があったのか・・・

・・・ボクの口からは言えません・・・(;T-T)
e0188079_1430505.jpg


写真貼っとくので・・・何も言わず、読み進めてください。








・・・さて。

何だかんだと、三次会も大盛り上がり・・・。
その盛り上がりとは裏腹に、襲いかかってきた
睡魔に負けたボクは、途中で戦線を離脱。
部屋に戻り、床に就きました・・・

そして、夜が明けて・・・次の日・・・

まだ残る眠気に逆らいながら、起床。
朝食を食べ、もうひとっ風呂浴びて、
ボクらは素敵な思い出とともに、
ホテルをあとにした・・・。

・・・まぁいろいろあったけど、何だかんだ
楽しい旅だったなって、今はおも・・・



え?何?
どうしたの、おいさん・・・?
へ?
これから?どうでしょうグッズを買いに?
池袋まで行かないか?
・・・だって?


・・・あのねぇ(;=_=)
慰安旅行で疲れてるのに、そんなとこ・・・











行くに決まってる
でしょうがっ!!!!!




ボクの旅は・・・
e0188079_153212.jpg
まだまだ続きそうです・・・♪(*´▽`)



                                       ~完~
by shimono-hiro | 2009-09-06 13:55

ケロロ軍曹ご一行様 ~中編~

前回までのあらすじ

慰安旅行で、熱海にやってきたケロロ軍曹ご一行。
露天風呂に入り、美味しい料理やお酒を飲み食いし、
いざ、二次会へと突入していくのでした・・・



二次会は、いくつかのチームに分かれました。

改めて飲み直す人たち・・・

マージャンをする人たち・・・

モンハンをする人たち・・・

そんな中ボクは、おいさんたち・・・
花火をする人たちとともに、海へ向かいました。
ひと夏の思い出にと、わざわざ大量の花火を取り寄せ、
みんなでやろうと言ってきたので、混ぜてもらいました!

少し大きめのダンボール(中身は花火)とそれだけじゃ
足りないんじゃないかと持ってきたプールバックぐらいの
袋の入った花火セットを抱え、海までやってきた僕たちは、
持ってきたそれらを、早速開けた!
いや~、入ってる入ってる・・・どんだけ入ってんだってぐらい大量の花火!
打ち上げや噴射はもちろん、様々な手持ちに加え、
ヘビ花火や線香花火なんかも入っていました(*^▽^)
つか、何より驚いたのは・・・100発のねずみ花火。

・・・・

誰がこんなにやんだよっ∑(゜◇゜;)

ねずみ花火なんて2、3発ずつやって、わ~キャ~するもんでしょ!
どうやって消費すんだよっ!!

・・・なんて、思ってたんだけどね・・・
e0188079_9532981.jpg
何はともあれ・・・ヘビ花火からという、斬新な
幕開けとともに花火大会スタートっ\(≧▽≦)/

みんなで笑いながら、綺麗な花火に興じる。
風流かつ、素敵なひと時のなるんだろうな・・・
なんて、想像をしてました・・・(* ̄ー ̄)


がっ!!
e0188079_9594835.jpg
この日は風が強くてなかなか火がつかないっ!!
しかも、火がついても大量の花火を消化するため、
一人2~6本の花火を常に手に持ち、
火のついてる人のとこに群がる始末・・・

・・・風流の欠片もない・・・(;=_=)

そして、ここでさらに追い討ち・・・

メンバーの中に、花火をしたことがあまりなく、
ねずみ花火を初めて観た方が、
そのトリッキーさに魅了されつつも、使い方が
良く解っておらず、何かあるとすぐに
ねずみ花火を使うようになってしまいました(;-_-)
例えば・・・

噴射系の花火に火がつけば、
その周りにねずみ花火・・・


大量のねずみ花火の山に
ねずみ花火投下・・・


挙句・・・

大量のねずみ花火の山に、燃えさかる
線香花火の束を投げ込む・・・


・・・なんてことまでするようになり、会場は大パニック・・・


・・・風流の欠片も
ないっ(;T◇T)


・・・そして、それを最後に・・・

花火大会は、幕を閉じたのでした・・・

・・・楽しみつつも、アレはやり過ぎではと、ちょっと思いました。


皆さん、マネしないでください。

花火は・・・
使用上の注意をよく読み、近隣や人の迷惑に
ならないよう十分注意して、遊んでください!!








・・・しかし。

ボクらの旅は、まだまだ終わらない・・・


                                                 後編へ続く・・・
by shimono-hiro | 2009-09-06 09:13