ビジュアルノベル?『デジャヴ』

都内某所収録スタジオ・・・

様々な収録や編集などが行われ、芸能人やアイドル、役者なども訪れる、大きなのスタジオである。

ボク、下野紘は、収録も終わり、足早に歩いていた。
次の現場まで時間がなく、急いで向かわないと、
ギリギリになると思っていたからだ。

どうやって行こうかな・・・?
電車か、はたまた、スッと一本で行けるタクシーか・・・
いやでも・・・それはそれで、距離あるしなぁ。
うん、ここはやっぱり、乗り換え多くても電車だな・・・
お金、勿体ないしね!

・・・そんなことを考えながら、駅前まで来たとき・・・



ん?



e0188079_12135634.jpg

ふと、何かがボクの視界入った。
何だ?なんか、見たことのあるような・・・

ボクは・・・


A、気になるな、戻って見てみよう。

B、いやいや、きっと気のせいだろ!



・・・いやいや、きっと気のせいだろ!
急いでるんだし、貴重な時間を活用せねば!

でも・・・


A、やっぱり気になるっ!!

B、いや、それよりも現場に急ごう、現場にっ!!



・・・やっぱり気になるっ!!

またもや、ボクの第六感(・・・ほとんど皆無に等しい程度の)が、
ちゃんと確認しろと、訴えかけているっ!!
よし、戻ってみてみよう!

そう思い、ボクが踵を返すとすぐ目の前に、衝撃的な光景がっ!!!!!





・・・こ、これはっ!?





e0188079_12135631.jpg


あ・・・アイマスク?

何、このアイマスク・・・変っ!!

何でこんなところに落ちてるんだ・・・?


つか・・・





・・・ナニニツカッタノ?





・・・。





・・・お、落とし物かもしれないし、一応、拾っとくか。



うっ・・・共演者だっ!!


こ、こんなの持ってたら、変な人だと思われるっ!!
それは、はずかし過ぎる〜〜!!


よし、落とし物はもう拾ったことにして、
何事もなかったかのように、合流しよう!!



「や、やぁ!!」



・・・よ、よし、バレてないな。


ボクは何事もなかったかのように、
みんなと合流し、次の現場に移動した。

−数日後−

ボクは、アレがどうなったのか気になり、
収録前に確認しましたが、そこには何も残っておらず、
人も疎らなその通路を、ボクは見つめていました。
きっと、素敵な清掃員に片付けられたに違いないさ。


「何・・・このデジャヴ。」


ボクの小さな呟きは、通路の風に吹かれ、
真っ白な空へと、消えていった・・・。
by shimono-hiro | 2014-02-03 12:13 | ひとり言


<< 〜Rの法則〜 今回のしもがめはっ!! >>